旦那は典型的な現代の沖縄県民だった

帰宅した旦那に聞いてみた

ネットサーフィンが終わったタイミングで旦那が帰宅したので、「独身時代、どのぐらいの頻度で歯ブラシ交換してた?」と質問してみました。すると彼は、「あまり気にしてないけど、半年に1本ぐらいかなぁ・・」と言ったのです。その話を聞いた私は、沖縄県民の平均4.2ヶ月に1回を下回る旦那の口内環境に、ちょっと嫌悪感を覚えたのでした。毎月1本歯ブラシを交換し続ける私は、彼からすれば「若干神経な本州出身者」なのかもしれません。でも私は歯医者さんが大の苦手なので、今後も本州ペースで新しい歯ブラシを使い続けたいと思っています。

 

旦那は現代の沖縄県民なのかも

 

歯ブラシの話をしながら旦那の体を客観的に見てみたら、随分酷いメタボだなぁ・・・と思いました。料理上手な義母に育てられた彼は、美容と健康に良い沖縄の郷土料理が大好きです。でも私と一緒に出掛ける時は、ハンバーガーやステーキといった肉専門店に入りたがるので、そういった意味でも現代の沖縄県民なのだろうなぁと思ったのでした。本州と比べて美味しいお魚も少ない印象のある沖縄ですが、郷土料理に使われるような沖縄野菜や発酵食品をたくさん食卓に並べて彼のメタボリックシンドロームを治してあげたいなぁと感じています。

 

義母の歯ブラシ交換頻度も気になる

 

旦那の歯ブラシ交換頻度に若干ガッカリした私は、「義母も同じ低頻度なのだろうか?」と気になり始めました。美容の専門家をしている義母のことですから、きっとデンタルケアもしっかり行っていることでしょう。そんな期待を胸に、来週末は彼女の手料理を食べに実家に行ってみたいと思います。