沖縄県民の美容健康問題

同年代の友達ができた

専業主婦生活があまりにも退屈で、先月から地元のフラダンス教室に通い出しました。フラダンス教室が終わった後、同年代の生徒さんと一緒にガールズトークで盛り上がっていたら、人生の大先輩である義母と話す時のような緊張感もなくて、遥かに楽だなぁと思いました。そして沖縄美人の美容健康法に興味津々の私は、同年代の彼女たちからより良い秘策を聞き出したいと感じるようになったのです。

 

沖縄女性は意外と不健康!?

 

フラダンス後のカフェで「沖縄美人を保てる美容健康法があったら教えてよ?」とみんなに言ったら、「今の沖縄県民は不健康なんだよ!!」という想定外の答えが返ってきました。食生活の欧米化が進み、手間のかかる伝統料理を作らなくなった沖縄県には、「長寿県」というイメージが忘れ去られるほど肥満や生活習慣病を抱える人が増えているそうです。また肥満によってもたらされたドロドロ血液は、美肌にも悪循環を生じさせる難点があるため、フラダンス教室の仲間たちもたくさんの美容トラブルを抱えているのだと気付かされました。

 

子供の虫歯率もワースト1

特殊な県民性や食生活によってもたらされた不健康さは、子供にも見受けられるそうです。美味しいハンバーガーやステーキ専門店の多い沖縄で育った子供には、大人と同じように肥満児童が多いのだとか。また最近では子供の虫歯率についても全国ワースト1となってしまったため、ママとして子育てをするフラダンス仲間たちもちょっと危機感を覚えているのでした。

 

沖縄県民の美容健康問題をちょっと考えてみたい

 

フラダンス教室の仲間から教えてもらった沖縄県の美容健康問題は、私にも当てはまることばかりでした。美容の仕事をしている義母はこういった諸問題に詳しいと思いますので、今度一緒に食事をした時に対処法などを教えてもらおうと感じています。