くちゃパック

義母のエステサロンで「くちゃパック」を体験してきた

旦那の本州出張で人恋しくなった私は、義母さんとのコミュニケーションも兼ねて、彼女が経営するエステサロンに行ってきました。美容家として活躍する義母さんは、沖縄にある素材を使って「沖縄女性に合った美容健康法」を提案することをモットーにしています。美味しいお茶を飲みながら最近気になっている毛穴の黒ずみについて相談したところ、義母さんは私にぴったりのケアとして沖縄美容の定番「くちゃパック」を紹介してくれたのでした。

 

くちゃパックとは?

くちゃパックというのは、日本で最も高い吸着性のある沖縄特有の泥岩を使った「泥パック」の総称です。100ミクロン以下の微粒子で構成されるくちゃには、毛穴に詰まった汚れや角質を吸着してくれる化学的な作用があるようです。また天然素材のくちゃは、私のように肌ゆらぎが起こりやすい女性でも安心して使えるパックなのだとか。そんな私は以前からクレイ洗顔などに興味を持っていたので、義母のサロンでくちゃパックの初体験をしてみることに決めたのでした。

 

肌も心もスッキリ

初めてのくちゃパックにトライしたら、義母の言うとおり毛穴の詰まりが消えたように思えました。またくちゃのミネラル分に含まれたイオンによって精神的にもリラックスできたので、何かとストレスの多い私には一石二鳥の美容法だと感じました。こうして沖縄の美容健康法に触れていると、沖縄の女性はシンプルな方法で美しさを維持していることに気付かされます。またこういった美容法の多くは、のんびり屋さんの県民性とも大きく関係しているらしいので、美しくなるコツだけでなく沖縄の人々についてもより深く知りたいと感じている私なのでした。